住宅基礎net
遣り方工事

遣り方工事に対しての考え方


遣り方工事は基礎工事で最も重要な工事と考えています。
全長・対角・高さ全ての基準を作るのが遣り方です。
平行・直角・水平に施工しなければ、基礎寸法の間違いや、
対角・高さの施工精度が落ち、施工基準を充たさない           
住宅基礎が出来てしまうかもしれません。
多少の全長の長さの違いが、対角寸法では、
許容範囲に収まらない寸法になるかもしれません。
GLからの高さを間違え、建物高さが基準に収まらないこともあるのです。
もちろんその様なことがあれば、基礎の解体を行い、造り直しです、
施主様からの信用も無くなり、親会社からの信頼も無くすでしょう。
そのため最新の注意と施工技術が求められるはずです。
何度も図面の確認を行い、確実に正確に遣り方を出し、
監督・工務店・職人さん皆様で何度も確認する事をお勧めします。


遣り方工事のアドバイス


(1)地縄と図面寸法が合っているか確認しましょう。
    ・地縄がずれていれば遣り方もずれるはずです。
    ・地縄が無い場合は必ず地縄を出すことお勧めします。
     地縄を出すことによって配置を間違える可能性が極端に減ります。
    ・地縄があるが直前に変更された場合は、
     地縄確認を行い、ポイントに杭を打ちましょう。

(2)図面からGLの高さの確認を行い、敷地内に杭を打ち、
  杭に正確に高さを移しましょう
    ・杭に高さを移す事によって、高さの確認が容易に出来ます。
    ・杭に正確に高さを移す事によって、
    遣り方・杭両方で確認ができ、施工精度が上がるでしょう。


(3)遣り方の材料は出来る限り綺麗な物を
    ・遣り方に墨を出す際、違う現場の墨が残っていると、間違いにつながります。
     もし残っている場合は、事前に消すか、遣り方を掛け、墨を出す前に消しましょう。
     手ノコで削ると以外に綺麗に消えます。


(4)遣り方を出す際の杭打ちは、確実に
    ・杭を打つ際、まず4隅に杭を打ち、食いに遣り方の高さを出し、糸を張りましょう。
     高さを出し杭を打ち、糸を張ることによって、杭を打つ際多少曲がっても、
     遣り方の通りが綺麗に通るでしょう。


(5)遣り方を組む際は釘ではなく、ビスで
    ・釘で遣り方を止めるよりも、ビスの方がしっかりと、止まります。
     遣り方を払す際も容易にでき、
     釘と違い何度も使えるので、経費削減に繋がります。



(6)筋交いは確実に施工しよう
    ・筋交いを確実に止めなければ、遣り方は意味がありません。
     重機や材料を搬入するために、遣り方が切れている場合は、
     切った場所の両端はバッテンに筋交いを打ちましょう。
     片側だけでは、意味がありません。



(7)配置の追い出し、墨出しは確実に
    ・境界に糸は地縄の時点で張られていると思いますが、再度確認を行いましょう。
    ・平行方向の配置の墨を、遣り方に出す際のメジャーの押さえ間違えに注意
     10センチで押さえ、そのまま墨を10センチ間違えるケースが非常に多いようです。
    ・トランシストで直角を出す際は、糸の張り間違えや寸法の読み違いに注意しましょう。 
    ・カネピタで直角を出す際は、引っ掛ける位置は必ず固定しましょう。  
    ・全長の追い出しは必ずロングメジャーで、短いメジャーで全長を出すと、
     寸法の間違えや多少の誤差が出やすくなります。  

(8)最後にもう一度確認を
    ・GL・配置・全長・対角の確認を行いましょう。
    ・出来れば根切りの前に、監督に確認してもらうのがベスト


             ページトップ>     ホーム>  


Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.



   


目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
基礎工事関連
住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)


・地縄工事
・遣り方工事
・根切り工事
・砕石工事
・捨てコン工事
・外枠組み・ベース枠工事
・鉄筋工事 
・ベース生コン工事
・内部型枠組みアンカーボルト工事
・立ち上がり生コン打ち工事
・基礎完了確認