住宅基礎net
立ち上がり生コン工事

立ち上がり生コン打ち工事に対しての考え方


 立ち上がり生コン打ち工事は最後の仕上げ、
 この工事でミスをすれば今までの工事の意味はなくなるでしょう。

 立ち上がり生コン打ちで気を付けて頂きたいのは、まず生コンの硬さです。
 生コンが硬過ぎる場合は打ち込みが非常に難しく、
 ジャンカや気泡が出やすいのが特徴です。
 現在は鋼製枠が大半を締めています。
 鋼製枠は熱を持ちやすいので、型枠表面の生コンが固まり、
 遊離水や気泡が出にくい状態になりやすいので注意してください。
 生コンが硬過ぎると気泡が出にくく、
 鉄筋の下にも空洞ができ、割れると考えております。 
 硬い生コンで施工しなければ、
 コンクリートが割れると指摘する人もいますが、
 現在の基礎工事に求められているのは、施工精度と見た目の綺麗さ、
 この2つが重要なはずです。
 用は完璧な基礎を求められているのです。
 しかし硬い生コンで打ち、
 常にコンスタントに綺麗な基礎工事が可能でしょうか、
 大きい現場や複雑な現場、単価の問題で人数が掛けられない、
 様々な問題があるのです。
 可能な限り完璧な基礎を造るのであれば、
 現在のハウスメーカの考えを変え、
 計算上の材料で基礎工事をするのでは無く、
 職人さんや現場監督の声にハウスメーカーが耳を傾け、
 職人とハウスメーカーが手を組み、より遣りやすく、
 より施工精度の高い基礎工事を行うべきだと考えています。




立ち上がり生コン打ちのアドバイス


(1)綺麗で割れない生コンはバイブレーターで
  バイブレータは二度掛けましょう。
  一度目は生コンの打ち込みに合わせてバイブレーターを使いましょう。
  少し時間を置いてから判固まりの状態で、
  全ての場所に二度目のバイブレーター使いましょう。
  一度目のバイブレーターで締め固めを行い遊離水を出し、
  時間を置いて、半固まりの時に二度目のバイブレーターで、
  鉄筋の下の空気や遊離水を出しましょう。 
  この工法で殆どの基礎は割れなくなるはずです。
  しかしあまりに柔らかい生コンやバイブレータの
  掛け方が不十分だと割れる可能性があります。
  これは文章では説明の使用が無いので、
  職人さんの経験で補っていただきたいと思います。
  表面を綺麗にしたい場合は、型枠の表面に沿ってバイブレータを掛けると、
  気泡が抜けやすくなります。
  板方のバイブレーターもお勧めです。







 
                  住宅基礎netホーム>  

Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.     



 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
基礎工事関連
住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

・地縄工事
・遣り方工事
・根切り工事
・砕石工事
・捨てコン工事
・外枠組み・ベース枠工事
・鉄筋工事 
・ベース生コン工事
・内部型枠組みアンカーボルト工事
・立ち上がり生コン打ち工事
・基礎完了確認