住宅基礎net

SRC住宅工法

SRC住宅工法とは?
  
・鉄骨で形を造り、鉄筋を鉄骨に被せながら組み立て、
   コンクリートで固め骨組みを造ります。
   出来上がった骨組みに床・壁などはめ込む工法。
   SRCはコンクリートの圧縮に対する強さ・
   鉄筋の引っ張りに対する強さ・鉄骨の強度、
   
   それぞれの長所を生かした非常に高性能な工法です。
   さらに耐久・耐火・耐震性能に優れ、間取り・窓・開口部など自由な設計ができ、
   希望の住宅が出来るでしょう。
   SRC工法は非常に重く、地盤の補強・基礎工事の拡大・補強などが必要であり、
   コストも非常に高くついてしまいます。
   工事期間も非常に長いです。
   一般住宅向きではなくマンションや高層ビル向きの工法です。







                                住宅基礎netホーム>




Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.
 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
基礎工事関連
住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

土地情報
・土地選びのポイント
・住宅基礎に適した土地の選び方
・住宅を支える地盤の確認方法
・地盤調査の種類と説明
・地盤補強の種類と説明
  
住宅計画・資金計画
・家を建てる時のハウスメーカー・建築家
・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報

住宅工法
・木造住宅の種類と工法
・コンクリートパネル住宅の種類と工法
・鉄骨系住宅の種類と工法
・ユニット住宅の工法
・鉄筋系コンクリート住宅の種類と工法
・SRC住宅の工法