住宅基礎net
砕石敷き込み(再生砕石)


・砕石とは?

  住宅の基礎工事で使われる砕石は、0〜40ミリほどの大きさの、
  山から取れる岩盤を崩した石が一般的です。 
  砕石の色は青系統の物から、茶系統の物まで様々です。
  採石場の地域事に色が若干違うようです。


・砕石工事とは?

  砕石工事は掘削工事完了後、基礎内部に7〜15センチ位砕石を敷き込み、
  基礎が沈まないよう十分にプレート及びランマーで転圧を行い、
  住宅基礎に必要な地耐力を出します。
  元々の地盤の地耐力が、ある・なしに関係なく必ず敷きこむ事になっています。
  
(表層改良が行われている地盤は砕石を敷きこまない事もあります。)



・0〜40山砕石以外の住宅基礎工事で使われる砕石とは?


・再生砕石(RC)とは?

   0〜40砕石以外に、固まったコンクリートを砕いた再生砕石があります。
   再生砕石は、0〜40山砕石に比べると締まり具合が若干よくありません。
   問題は無いのですが、非常に粗悪な再生砕石もありますので注意が必要です。
   しかし資源の無駄がなく、自然を壊すことなく手に入るので、
   非常にエコな材料と言えます。
   コスト的にも山砕石に比べ半値程なので、非常にリーズナブルです。

・割グリ砕石とは?

   割りグリは0〜40砕石と同じ山砕石ですが、40〜100ミリ程の大きさがあります。
   割りグリは一般住宅の基礎には適していないと思われます。
   なぜ割グリは適していないのか?割りグリの特徴は大きさです。
   0〜40の砕石に比べると非常に大きく、
   割りグリを敷きこんだ際隙間が出来てしまいます。
   隙間があると言うことは、締まりにくく、締め固めにくいのです。
   割りグリの間に0〜40砕石を敷きこむ工法もありますが、
   完全に隙間を埋めるのは非常に難しいと思います。   

住宅基礎で一番使用されている砕石40-0工法の写真です。      
砕石40-0を敷き込み完了され、    
プレート転圧されていて隙間無く
敷き込まれています。
砕石の厚さの写真です。         
住宅基礎は平均10センチ位     
敷きこむのが一般です。       
プレート転圧写真です。

プレートとは?
   重さは25キロ〜40キロ位です。砕石に振動を与えながら、砕石同士の隙間を埋め締め固める機械です。
ランマーとは?
   重さは35〜60キロ位。砕石を叩きながら隙間を埋め、締め固める機械です。
   道路工事などで良く使われていますが、ランマーは非常に力が強く良く締め固まりますが、
   表面の地盤がぬかるんでいたり、柔らかい土など、表面の地盤が弱い場所で使用すると、  
   砕石と土が混ざり合い、表面の地盤がぬかるんでしまい、逆効果になる可能性があります。 

・チェックポイント

(1) 砕石工事完了後、現場内を歩き柔らかいところが無いか?

(2) 砕石工事完了ご、土が見えていないか?

(3)プレート及びランマー転圧(締め固め)されているか?

・アドバイス


・砕石の重要な点は、転圧が綺麗に施工されているかです。
 ハウスメーカーにより施工方法は異なりますが、基本は同じです。



                 ページトップ>    住宅基礎netホーム>

Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.


 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム

・問い合せ


・サイトマップ
 
・基礎工事関連

 
・住宅情報関連


・不動産サイト集(6)

・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)

・ガーデニング系サイト集(8)

・子供とベビー(13)

・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)

・基礎工事の工程・説明・チェックポイント
  ・地縄  
  ・地鎮祭
  ・遣り方
  ・掘削
  ・砕石敷き込み
  ・捨てコン
  ・外周部型枠組み
  ・鉄筋組み
  ・ベース生コンクリート打ち
  ・内部型枠組みアンカーボルトの設置
  ・立ち上がり生コン打ち
  ・養生期間
  ・型枠ばらし
  ・外周部水道排水工事
  ・玄関等土間打ち
  ・基礎完了確認