住宅基礎net
内部枠組みアンカーボルトの設置

内部枠組みアンカーボルト工事に対しての考え方


内部枠組み工事は墨出しが非常に重要です。
墨出しを間違えれば土台がずれて芯に来ない場合や
アンカーボルトがずれる可能性があります。
正確に慎重に何度も確かめながら、
墨出し・枠組み・アンカーボルトのセットを行って頂きたいです。
もしも鉄筋が芯に行ってない場合は、この時点で直しましょう。
現在の生コン打ちはポンプ車での施工が当たり前です。
ポンプ車のホースを動かすときに、鉄筋がずれたりする可能性があります。
事前に確認できれば良いのですが、夏場などは非常に大変だと思いますので、
ベースの時に確認できない場合は必ず墨出しの時に確認しましょう。




内部枠組みのアドバイス


(1)基準の墨を出し直角・全長を確認しましょう。
  直角を確認する際は3・4・5がお勧め、寸法で直角を確認する場合は、
  鉄筋が邪魔をして確認出来ない可能性があります。
  3・4・5の方が寸法のミスも少ないのでお勧めです。

(2)アンカーボルトの設置はアンカーセット金具がお勧めです。
  アンカーセット金具は上下止めの真ん中に穴が開いたもので、
  例え鉄筋がずれていても、基礎芯に施工ができ、
  高さも非常に精度が高く施工できます。
  鉄筋だけでアンカーボルトの設置を
  行うこと自体が間違えと考えています、
  打ち込みの際のバイブレータの振動で、
  アンカーボルトの高さが変わる可能性が高いからです。  



 
                 住宅基礎netホーム>    

Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.

  

 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
基礎工事関連
住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

・地縄工事
・遣り方工事
・根切り工事
・砕石工事
・捨てコン工事
・外枠組み・ベース枠工事
・鉄筋工事 
・ベース生コン工事
・内部型枠組みアンカーボルト工事
・立ち上がり生コン打ち工事
・基礎完了確認