住宅基礎net

木造住宅の種類と工法

木造工法とは?
・建物の全体を木材で造る日本の伝統的な工法。
木造工法は建物全体が軽く、自由なデザインが可能です。
ただし湿気や火に弱く基礎工事の段階から湿気防止策が必要です。
   
基礎工事での湿気防止策
    ・防湿シートの敷き込み
    ・防湿コンクリートの打ち込み





木造工法の種類と説明
木造工法にも色々な工法があります。


(1)木造軸組工法(在来工法)とは?
  ・日本の建物の伝統的な建築工法。
   コンクリート基礎と土台をアンカーボルトで連結し、
   土台の上に柱を垂直に組み、
   梁(はり)や桁などを専用の金具で柱と連結し、
   建物の骨組みを造りあげます。
   柱や梁などを連結させる金具は様々な種類があり、
   耐震性能や建物の全体の性能を高めています。
   柱は垂直方向の力に強く、
   梁は水平方向の力に対して強いのが基本です。
   しかし土台・柱・梁だけで家の骨組みが出来るわけではありません。
   柱も梁もあくまで垂直、水平でなければ十分な性能は確保できません。
   柱や梁を、筋交いや火打ちなどの金具を使い固定し、
   初めて十分な性能を確保できるのです。
   こうして出来た骨組みに屋根・床・壁を造り建物を造ります。

ワンポイント   
  ・増改築や修繕など比較的容易に可能





(2)プレイカット工法とは?


 
  ・建物は木造軸組工法と同じです。
   土台・柱・梁などを工場で加工し、
   現場にて組み合わせ固定し造る工法です。
   住宅の精度や工期の短縮などが可能であり、
   ほとんどのハウスメーカーがプレイカットを使用しています。






(3)2×4(ツーバイフォー)工法とは?(軸組壁工法)



  ・2×4工法は木造軸組工法の柱・梁で支える工法と違い、
   壁・床・天井の6面で支える工法です。
   2×4インチの木材や構造用合板などを使い、
   パネル(壁など)を造り土台の上に組み立て、建物を構築していきます。
   2×4以外に2×6(ツーバイシックス)・2×10(ツーバイテン)
   などの木材を、使用している建物もあります。
  
インチとは?   1インチ=0.0254メートル(約2.5センチ)
   
ワンポイント
   
  ・建築方法のマニュアルがあり比較的容易に建てられます。 
  ・輸入住宅などで多く使われています。
  ・木造軸組工法と違いパネルごとに力を逃がせるので、
   地震などに強いと言われている。 
  ・比較的安価で建てることが出来る。
  ・機密性が高いので、通気性が他の工法に比べるとやや劣る。


  



(3)木質系パネル工法とは?

  ・工法は2×4工法と同じです。
   プレイカット工法と同じく工場で材料・パネル(壁など)を作り、
   現場にて組み立てます。
   材料は一定の品質が保て、工期の短縮などが可能です。
   工場生産のパネルは品質が高く、
   断熱性・耐火性・機密性・建物の高い精度が望めます。

                   ページトップ>     住宅基礎netホーム>

Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.
 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
・基礎工事関連
・住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

土地情報
・土地選びのポイント
・住宅基礎に適した土地の選び方
・住宅を支える地盤の確認方法
・地盤調査の種類と説明
・地盤補強の種類と説明
  
住宅計画・資金計画
・家を建てる時のハウスメーカー・建築家
・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報

住宅工法
・木造住宅の種類と工法
・コンクリートパネル住宅の種類と工法
・鉄骨系住宅の種類と工法
・ユニット住宅の工法
・鉄筋系コンクリート住宅の種類と工法
・SRC住宅の工法