住宅基礎net

公的融資

公的融資とは?
   公的融資には様々な種類があり、国が行う住宅資金融資の方法です。


   

(1)住宅金融公庫


   住宅購入の際の借り入れの代表的な方法。
   特徴は金利が低く、諸経費も民間住宅ローンに比べ安くなっています。
   ただし審査基準は若干高め。   


主な審査基準 

1

住居専用住宅であること

2

70歳未満であり前年に所得がなくてわならない

3

金利は完済年齢までの固定金利

4

年間返済額の5倍の年収が必要 
家族での合計収入が5倍以上にすることが出来る。
毎月の返済額の5倍以上月収(ボーナスも含む)

5

床面積が80u以上280u以下

6

敷地面積が100u以上

7

住宅性能が公庫基準をクリアしているかどうか ?





(2)年金住宅融資

   年金住宅融資は、国民年金・厚生年金に3年以上加入者が利用可能。
   住宅金融公庫とほぼ同じ金利であり、固定金利であることが特徴。
   夫婦それぞれで申し込みができ、審査基準は住宅金融公庫とほぼ同じです。



(3)財形住宅融資


   財形住宅融資の特徴は他の公的融資と違い変動金利であることです。
   変動金利は5年に一度変更されます。


主な審査基準

1

一般財形貯蓄・財形貯蓄・財形住宅貯蓄のどれかを1年以上断続

2

貯蓄残高が50万以上

3

70歳未満であること

   



(4)自治体融資


   都道府県・市区町村などの住宅ローン。
   審査基準は各自治体により異なりますが、ほとんどの地域が住宅公庫基準に審査します。





(5)割り増し融資


   割り増し融資は住宅を省エネ仕様(例 太陽光発電)
   高耐久仕様などの特殊な工事を行う事によって、
   基本融資以外の融資を受ける方法です。





                                  住宅基礎netホーム>   


              
不動産サイトのご紹介          
様々な不動産会社をご紹介見積もりから購入・売却・
資料請求土地を選ぶ際の 参考にしてみては如何でしょうか。

家具インテリア販売サイトのご紹介
アジアン家具からモダン家具、照明などのインテリア
様々な販売サイトをご紹介しています。
  
   


Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.



 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
・基礎工事関連
・住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

土地情報
・土地選びのポイント
・住宅基礎に適した土地の選び方
・住宅を支える地盤の確認方法
・地盤調査の種類と説明
・地盤補強の種類と説明
  
住宅計画・資金計画
・家を建てる時のハウスメーカー・建築家
・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報