住宅基礎net
コンクリートパネル住宅の種類と工法

コンクリートパネル住宅とは?
  
・基本は2×4住宅と同じ工法です。
   工場でPC(プレキャスト)と呼ばれる鉄筋コンクリートのパネルを作り、
   現場にてパネル同士を接合・連結させ組み上げる工法です。
   品質は非常に高く、安定した精度や強度が期待できます。
   コンクリートパネルだけでは建築は出来ませんので、
   木軸・鉄骨・RCなどと連結させなければいけません。





コンクリートパネル住宅の種類


(1)PC(プレキャスト)工法
 
 PC工法とは?
  工場でPCを作り、現場にて接合・連結させる工法。
  接合・連結にはハイテンションボルト(高力ボルト)・特殊接着セメント・
  使用します。
  ハイテンションボルトの隙間などには柔らかい、
  コンクリートを注入し確実な施工を行います。
  PCは様々な形が造ることができますが、値段は高めです。
  しかし施工精度や品質はとても高く、
  強度・耐火・耐久・断熱・機密・遮音性能に優れています。
  建物が非常に重くなるため軟弱地盤の場合、
  地盤改良や鋼管杭が必要になります。

ハイテンションボルト(高力ボルト)とは? 
    強い連結を可能にする強度の高いボルト




(2)ALC(オートクレーブトライトウェートコンクリート)工法


  
  
・ALC工法とは?
   
A=オートクレーブトは気泡  L=ライトウェートは軽量  C=コンクリート
   ALC=軽量気泡コンクリート
   ALCはPC(プレキャスト)と同じく工場で作られるパネルです。
   PCに比べ重量が軽く、規格の寸法があり、
   PCに比べると値段が安いのが特徴。、
   耐火・断熱・防音・吸音性能が非常に高く、
   鉄骨工法・RC構造などの屋根・壁・外壁などに、
   使用されています。
   ALCは建物の支える壁構造にはなりません。



                                 住宅基礎netホーム>





Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.
                                                  
 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
基礎工事関連
住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

土地情報
・土地選びのポイント
・住宅基礎に適した土地の選び方
・住宅を支える地盤の確認方法
・地盤調査の種類と説明
・地盤補強の種類と説明
  
住宅計画・資金計画
・家を建てる時のハウスメーカー・建築家
・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報

住宅工法
・木造住宅の種類と工法
・コンクリートパネル住宅の種類と工法
・鉄骨系住宅の種類と工法
・ユニット住宅の工法
・鉄筋系コンクリート住宅の種類と工法
・SRC住宅の工法