住宅基礎net

型枠ばらし

型枠ばらしとは?

   養生期間完了後、内部型枠・外部型枠を取り外し、
   基礎内部の掃除や内部型枠を固定していた、
   上下止め金具の先端を取り外します。

上下止め金具とは(上下止め)?
   
上下止め金具は、主に基礎幅の確保、鋼製枠を固定するために使われます。
   上下止め金具を使う事に因って、型枠のパンクを防ぎます。   
   住宅基礎で使われる上下止めは、100〜250ミリ位です。


チェックポイント


   基礎の表面が綺麗に仕上がり、
   基礎内部に上下止めなどが付いていないか?
   一部玄関内部や、勝手口内部などは、
   上下止め金具の先端を取りはずさない場合があります。


   

             ページトップ>    住宅基礎netホーム>       


Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.

 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム

・問い合せ


・サイトマップ
 
・基礎工事関連

 
・住宅情報関連


・不動産サイト集(6)

・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)

・ガーデニング系サイト集(8)

・子供とベビー(13)

・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)

・基礎工事の工程・説明・チェックポイント
  ・地縄  
  ・地鎮祭
  ・遣り方
  ・掘削
  ・砕石敷き込み
  ・捨てコン
  ・外周部型枠組み
  ・鉄筋組み
  ・ベース生コンクリート打ち
  ・内部型枠組みアンカーボルトの設置
  ・立ち上がり生コン打ち
  ・養生期間
  ・型枠ばらし
  ・外周部水道排水工事
  ・玄関等土間打ち
  ・基礎完了確認