住宅基礎net
住宅の種類と工法の説明
工事内容(リンクページ) 簡単な説明
木造住宅の種類と工法 建物の全体を木材で造る日本の伝統的な工法。
木造工法は建物全体が軽く、自由なデザインが可能です。
ただし湿気や火に弱く基礎工事の段階から湿気防止策が必要です。
コンクリートパネル住宅の種類と工法 工場でPC(プレキャスト)と呼ばれる鉄筋コンクリートのパネルを作り、
現場にてパネル同士を接合・連結させ組み上げる工法です。
鉄骨系住宅の種類と工法 木材の代わりに鉄骨などの鉄系材料で建物の骨組みを作る工法。
木材より強度が高く、コンクリートよりも軽いのが鉄骨の特徴です。
ユニット住宅の工法 ユニット住宅は工場でパネルを組み立て部屋を造り、現場にて組み立てていきます。
鉄筋系コンクリート住宅の種類と工法 基礎・柱・梁・壁・床を全てをコンクリートで作ることによって、
建物の耐久性・耐震性・耐火性・遮音性能を高く造り上げます
SRC住宅の工法 鉄骨で形を造り、鉄筋を鉄骨に被せながら組み立て、コンクリートで固め骨組みを造ります。
出来上がった骨組みに床・壁などはめ込む工法。




Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.

目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
・基礎工事関連
・住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)


住宅計画・資金情報
・家を建てる時のハウスメーカー・
建築家・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報