住宅基礎net
地鎮祭

 地鎮祭とは?

 土地を清め、建築工事の安全を祈り、建物が無事に出来上がることを祈願する行事です。
 神官・施主・工事関係者が集まり行われます。
 地域によってやり方が異なる場合もありますので、施工会社・神社などで確認するのが良いと思われます。

順番 地鎮祭の内容 内容事の説明
1 修祓   (しゅばつ) 施主・神官・工事関係者が、心身を清める儀式です。
2 降神   (こうしん) お払いを終え、神様をお迎えします。
3    (けんせん)   お供え物の準備が出来た事を、神様にお知らせします。
4 祝詞奏上(のりとそうじょう) 家を建てる事を神様にお伝えし、工事の安全を祈り。
無事に家が建つことをお祈りします。
5 清祓   (きよめばらい) 祭壇にお供えしたお酒やお米などを使い、土地を清めます。
6 地鎮   (じちん) 鍬入れや狩初めなどを行います。
7 玉串奉奠(たまぐしほうてん) 玉串を掲げ、神様を敬います。 
8    (てっせん) 神官がお供え物を下げます。
9 昇神   (しょうしん) 神様が御座所に戻っていただく儀式です。
10 直会   (なおらい) お供え物のお酒やお米などを頂戴して、皆様の幸せを願います。


チェックポイント

地鎮祭が終わってから神官にお金を払いましょう。
お金は施工会社や職人さんには払わなくて結構ですが、お気持ちがあれば払うのも良いと思います。
施工会社や職人さんも気持ちよく仕事ができ、より良い建物を作るよう職人さんたちも頑張ってくれるはずです


Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.


目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム

・問い合せ


・サイトマップ
 
・基礎工事関連

 
・住宅情報関連


・不動産サイト集(6)

・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)

・ガーデニング系サイト集(8)

子供とベビー(13)

注文住宅の特徴(ハウスメーカー)


基礎工事の工程・説明・チェックポイント
  ・地縄(現在ページ)  
  ・地鎮祭
  遣り方
  ・掘削
  ・砕石敷き込み
  ・捨てコン
  ・外周部型枠組み
  ・鉄筋組み
  ・ベース生コンクリート打ち
  ・内部型枠組みアンカーボルトの設置
  ・立ち上がり生コン打ち
  ・養生期間
  ・型枠ばらし
  ・外周部水道排水工事
  ・玄関等土間打ち
  ・基礎完了確認