住宅基礎net

ホーム   サイトマップ


 地縄



・地縄とは?


 地縄(じなわ)あまり聞きなれない言葉だと思います。
 地縄とは建物が敷地に対してどの様に建てられるのかを、
 敷地内に建物芯の位置を水糸(主に蛍光の糸)や目立つ紐等で確認する工事です。
 注意(建物の壁部分ではないので気を付けましょう!)

・GL(建物の基準の高さ)の高さも同時に確認します。

・GLの高さは、ほとんどが敷地の平均の高さを基準にしています。
 ワンポイント(建築上やむ得ない場合は平均でないことも


・地縄確認は、基本的に施主・営業・現場監督・施工工務店で行われます。

 その他に基礎業者や設備業者等が一緒に立ち会う場合もあります。

・ハウスメーカ・不動産屋によって異なりますので、気になるようでしたら、
 確認すると良いでしょう。



チェックポイント


1)境界(隣地との境)

・実際に建物が出来上がったときに隣との家の間隔に問題がないか?なぜ問題か?
 実際に工事が始まって隣の家からのクレームが非常に多いからです。
 工事が始まってしまったら、簡単には変更が出来ないからです。

どの様な事が問題になるか、幾つか例をあげてみましょう。

・隣家・「家が近すぎてて気になるから家をもっと離していただきたいのですが?」

・隣家・「この位置に窓があるとプライバシーの侵害だ!」

・隣家・「私は壁の位置がこの位置だと思った、話と違うから建物を変えてくれ!」

・隣家・「こんな近くに家を建てて家に影響があるじゃないか!」

・これは本当に問題となった物ですが、全て建築上問題にはならないところです。
 ただ事前に営業さんや監督さんが、隣地に対して説明を怠ったので、
 このような問題になったのです。

・他にも施主が隣家の人と仲が悪いなど・・・皆さんが悪くなくても・
 建築上問題が無くても、これから長い間お隣同士なのですから、
 仲良く遣っていきたいと皆さん思っていると思います。

 皆様も家を建てる時・隣地で家を建てるとき、「自分も家を建てたんだ」
「自分もこの先家を建てるんだ」このようにお互い様の気持ちで観て頂きたいです。

(2)(建物の基準となる高さ)GLの変更をするときの注意!(皆様の希望場合)

・GLとは建物の基準になる高さのことです。
 建物の基準の高さ=建物の周りの土の高さとなります


(デメリット)GLは道路より下げすぎないこと。
 下げすぎると雨水やごみ等が建物側にきてしまう可能性があります。
 傾斜地によっては道路より低くなることもありますが、
 設計の段階で建物の外側に流れるように設計してあるはずです。
 気になるようなら監督さんに聞いてみましょう。


・(デメリット)、GLを上げ道路から建物の高さが上がりすぎてしまい、
 玄関入り口部分の階段の段数が増えたり、道路からの高さがありすぎて、
 イメージと違うものになる可能性もあります。


・(デメリット)GLを上げることによって、十分な掘削が出来ない可能性があります。
 例えば土地の現状がぬかるんでいても掘削することによって、
 良い地盤を出してあげることも出来るのです。 
 ワンポイン(上げ下げの度合いにもよりますが)

・(メリット)(デメリット)GLを上げると掘削(根切り)を行うときに、
 残土(余分な土)が出ないこと。
 極端に上げすぎると、家の外周部に客土(土を入れること)をしなくてはいけなく な り、余分な出費の可能性があります。
 逆にGLを下げすぎて余分な土が出ると、
 施主に余分な出費がかかる可能性もあります!  
 営業・監督等に確認をしてみてください。

 ワンポイント(ハウスメーカにより異なります)



アドバイス

・GLを変更することは基準内なら簡単なことです。
 しかし変更することによってこれだけの事を考えなければいけません。
 




基礎工事

工事の内容事にチェックポイントを紹介しています。


(1)現在のページ        (9) ベース生コンクリート打ち(防湿コンクリート)

(2)地鎮祭              (10)内部枠組みアンカーボルトの設置            

(3)遣り方              (11)立ち上がり生コン打ち

(4)掘削               (12)養生期間

(5)砕石敷きこみ          (13)型枠ばらし

(6)捨てコン             (14)外周部水道排水設備工事 

(7)外周部型枠組み
        (15)玄関等土間打ち

(8)鉄筋組み            (16)基礎完了確認


                                     ホーム>