住宅基礎net
地盤調査の種類と説明

地盤調査とは?
  住宅を建てる際に、土地の地盤が良いか悪いかを調べる検査です。
   地盤調査には様々な種類があります。

一般住宅で良く使われる地盤調査を4種類ご紹介



(1)スウェーデン式サウディング試験


スウェーデン式サウディング試験とは?
   地盤に鉄の棒を差し入れ回転を行い、
   土の抵抗力や土の締まり具合を確認する地盤調査方法です。

  
   住宅地盤調査では、非常に多い地盤調査方法です。
   

試験方法
   スクリューポイントを呼ばれる鉄の棒を地面に垂直に立て、
   スクリューポイントに5・15・25・50・75・100キロと荷重を賭け、
   スクリューポイントを地面に貫入させます。
   100キロ以上荷重を掛けても貫出来ない場合は、
   スクリューポイントを回転させ、
   25センチ貫入させる為の半回転数を計算します。



測定は下記の地盤や層が確認すると終了します。

(1)地盤や層が硬い場合

(2)コンクリートや石など、硬い障害物にぶつかった場合

(3)10メートル以上硬い地盤や層が無い場合




スウェーデン式サウディング試験のメリット・デメリット


メリット
(1)試験が容易に行える。

(2)試験の結果をN値で確認できる  


デメリット
(1)コンンクリートや石など、硬い障害物にぶつかった場合試験が出来ない。   

N値とは?
   地盤の強度を表す値です。



(2)ボーリング(標準貫入試験)



ボーリング(標準貫入試)
   ボーリングマシンで地盤に穴を開け、サンプラーが硬い地盤
   30センチに貫入する為に掛かった
   打撃回数の測定を行い、N値を確認する方法です。

   
    住宅地盤調査では殆ど行われない検査方法です。
    ただしメリットも多いのでご紹介します。
   


ボーリング(標準貫入試験)のメリット・デメリット


メリット


(1)深い深度まで検査が行える。

(2)土を採取出来るので、土質の確認が出来ます。

(3)地下水が確認できます。(地下水のでる深さが解ります)

(4)あらゆる地盤で調査が可能です。

デメリット

(1)調査費用が高めです。

(2)作業スペースが広く、一般住宅の地盤調査にはあまり適していない。
 

(3)平行積荷試験


平行積荷試験とは?
   現地盤に30センチの鉄板をセットし、荷重を段階的に載せ、
   鉄板の沈下量を測定する。


平行積荷試験のメリット・デメリット

メリット

(1)地盤の支持力を直接確認できます。


デメリット

(1)調査費用が可也高めです。

(2)作業スペースが広く、一般住宅の地盤調査にはあまり適していない。

 


(4)弾性波調査(レーリー波調査)


弾性波調査(レーリー波調査)とは?
   起振器(人口震源)検出器を直線状に設置し、起振器を上下に震動させ、
   敷地地盤に表面波(レーリー波)を発生させます。
   表面波を検出器で測定しm表面波のスピード・振度を測定する地盤調査です。


弾性波調査(レーリー波調査) は一般住宅で使用されています。   


弾性波調査(レーリー波調査)のメリット・デメリット

メリット

(1)地盤を傷めず地帯力が確認できます。

(2)他の試験方法と併用出来ますので、地盤調査をより正確に行えます。


デメリット

(1)試験を行う敷地の近くに、大きな道路や鉄道などが有ると、
  表面波に影響が出る可能性があります。 



            
              ページトップ>     住宅基礎netホーム> 

Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.

 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
・基礎工事関連
・住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

土地情報
・土地選びのポイント
・住宅基礎に適した土地の選び方
・住宅を支える地盤の確認方法
・地盤調査の種類と説明
・地盤補強の種類と説明
  
住宅計画・資金計画
・家を建てる時のハウスメーカー・建築家
・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報