住宅基礎net

ハウスメーカー・建築家・工務店の
          メリット・デメリット情報

 ・住宅購入は、ほとんどの人が人生で一番高いお買い物
  間違いのない住宅を造りたいですよね、住宅を建てる際のパートナーは三種類
  ハウスメーカー・建築家・工務店、それぞれに特徴がありますので、
  良く考えてパートナーを選びましょう。


ハウスメーカー(安定型)

 ・安定した家を建てたいのならハウスメーカーがお勧めです。
  品質・サポート体制の良さなどが特徴。


  
 ・坪単価が割りと高めになってしまうのが、気になるところではあります。


一覧表
設計 工事 工期 コスト
メリット 安定した設計が
期待できる。
性能面も期待が
出来る。
安定した品質が
最大の特徴。
職人さんのレベルも、
比較的高め
資材全般が工場で
大量生産なので、
資材が安定して
供給されるため、
安定した、
短い工期が可能
基本的に資材は
大量生産されている為、
良い資材を安く使用可能

デメリット 変形敷地など、
特殊な敷地の
設計が、苦手な
場合が多い
マニュアルが
出来すぎているため、
工事中の融通が
利かない面も有る。
変更追加は、
大きくコストが
掛かりやすい。
工事中の追加や
変更の場合、
資材が入りにくい
場合が有り、工期
が延長される事も
オプションや変更・追加は
かなりのコストアップに繋がる
殆どの場合は最初の
見積もりより高くなる事が多い。

ハウスメーカーの選び方

 ・ハウスメーカーの選ぶポイントは、家族や自分のニーズに合っているハウスメーカー
  まずはネットなどで情報収集を行い、
  気に入ったハウスメーカー資料請求を行うのが良いでしょう。
  資料請求はなるべく多めに、どのハウスメーカーも特色があります。
  資料の中から複数社選び、住宅展示場に確認に行くのが良いでしょう。
  時間を無駄なく使えますので、お勧めですよ。
  資料請求は複数社選べる、不動産サイトからの資料請求がお勧めです。



  一括資料請求が出来るサイト

    条件を絞り込んでの検索が出来ます。       
    注文住宅をお考えの方へ 家づくりHOME'S   
    
    ハウスメーカーの簡単な説明が付いています。 
    
ハウスメーカーカタログ請求【NTTデータ】  



建築家(デザイン型)
設計士


 ・オリジナルの住宅が建てられるのが魅力。
  デザイン性も豊かなので、自分に合った建築家が見つかれば、良い家が出来る。
  コストダウンも比較的簡単

 ・こだわりが強すぎるので、施主・現場とぶつかりやすい。



設計 工事 工期 コスト
メリット コストダウンなどが得意。
特殊な敷地でも、
豊富なアイデアで
設計が可能
建築家の殆どは
現場管理をしませんが
変更・追加工事に
適応力が高いので、
特殊な工事でも、
安心できる。
若干長めだが、
デザインが複雑な
場合も多いため、
常にデザインの確認や
施工状況などを確認を
する。
コストダウンが得意
オリジナルの住宅になるので、安くする所は、
安くして、こだわる所は
こだわるという感じです。
比較的コストダウンがしやすいです。
デメリット 設計期間が長い
独自の
デザイン性が
強い場合が
多いので、
施主の意見が
伝わらないことも有る。
    
工務店や職人に、
工事の内容が伝わり
きらなくて、旨くいかない
場合も有る
こだわりが強すぎて、
現場の方が対応できず、
工期が延びることも・・
建築家のこだわりで、
コストが上がることも有ります。
輸入物などが好きな建築家などの、資材は高い場合が多いので注意が必要。

建築家の選び方

 ・建築家や設計士は住宅展示場があまり無いため、
  選ぶのが非常に難しいです。
  まずはネットで情報集めか、本屋さんで情報収集します。
  その後に資料請求などが出来るサイトにアクセスして資料請求します。
  その後気に行った方や会社に合い、納得の出来る会社や建築家を選びましょう。
  建築家や設計士さんは、得意なデザインなどがあるので、
  きちんと自分希望を伝えることを忘れないようしましょう。 



  一括資料請求が出来るサイト

    条件を絞り込んでの検索が出来ます。 
 
   信頼のハウスメーカー・工務店・設計士が見つかります。家づくりHOME'S

   
工務店(地域型)
 ・地域に密着している工務店が多いので、
  地域事の設計や施工が出来る。

 ・ハウスメーカーほど、安定した施工は、期待できない。
  職人の技量によって、住宅の出来上がりが変わる。




設計 工事 工期 コスト
メリット 地元密着型
が多い。
話がしやすいので、施主の思っている事が伝えられる。
現場監督とコミニュケーションが取りやすいので、
気になる部分が、質問しやすい。
遅くも早くも無く、普通
予算に合わせた、現実的見積もり型。
コストダウンも意外に出来る。
デメリット デザイン性の幅が狭いので、特別な特徴が無い事が多い。 確認などが、疎かな場合が多い。
問題が起きたときに、
どのように対応するかが、
気になる処です。
ハウスメーカーほど大規模ではないので、急がしい時期などは工期が長めに取られることも。 決まった坪単価がわかりにくい。

工務店の選び方

  ・工務店もハウスメーカーと同じく住宅展示場に見に行く前に、
   ネットなどで情報収集しましょう。本屋さんなどでも、
   地元工務店の特徴を載せた本などもあります。
   情報を集めたら資料請求を行い、気に入った工務店をえらびましょう。
   何社か決めたら、住宅展示場や会社に行き、実物を確認し選びましょう。
   住宅展示場を全部見るのは、凄く時間が掛かるので事前に調べてから行きましょう。



 
一括資料請求が出来るサイト

    
条件を絞り込んでの検索が出来ます。
     信頼のハウスメーカー・工務店・設計士が見つかります。家づくりHOME'S


                住宅基礎netホーム>
住宅基礎netはハウスメーカーさんの特徴を独自で調べたものです。
ハウスメーカーさんの誹謗中傷するもではありません。
Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.
>
 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
・基礎工事関連
・住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

土地情報
・土地選びのポイント
・住宅基礎に適した土地の選び方
・住宅を支える地盤の確認方法
・地盤調査の種類と説明
・地盤補強の種類と説明
  
住宅計画・資金計画
・家を建てる時のハウスメーカー・建築家
・工務店のメリット・デメリット情報
・住宅購入計画の情報
・資金計画の情報
・住宅造りに掛かる費用
・公的融資の情報
・民間融資の情報