住宅基礎net
外枠組み・ベース枠組み

外枠組み・ベース枠組みに対しての考え方


ベタ基礎外枠組みは、何よりも通りを重視しましょう。
通りがまっすぐに通らなければ、
見た目も汚く良い基礎工事には見られません。
外枠しっかりと決まれば、鉄筋を組む際、
寸法の追い出しも簡単・正確に出せます。
布基礎ベース枠組みはベース幅確保が重要です。
あまり良くはありませんが、通りが通らなくてもベース幅必ず確保。
ベース幅が1センチ足らないだけで大騒ぎをする監督もいます。
ハウスメーカーが余裕のある設計を行い、
余裕のある基礎工事を行えればベストです。
クリアランスに余裕があれば良い仕事が出来るのは明白です。



外枠組みのアドバイス


(1)枠がしっかりと固定できない現場は、通りよりも内側にしましょう。
  深基礎片押しや、地盤が軟らかく杭などで固定できない現場は、
  通りの内側に入れると通りが通り易いです。
  生コンの力は非常に強いので
  自分で考えているよりも内側に入れましょう。
  パンクした枠を元に戻すのは非常に大変ですが、
  内側に入った枠を直すのは非常に簡単です。
  深基礎片押し場合は特に内側に入れましょう。
  地盤がそこそこ良くても内側に入れるのが正解です。   
  ただし鉄筋を組む際は気をつけましょう。



ベース枠組みのアドバイス


(1)布基礎ベース枠の難しいのは、土で押され過ぎてしまうこと、
  幅止めや鉄筋棒などで止めても旨く行かない場合は、樹脂スペーサーがお勧めです。
  ベース筋に付け一定の幅を確保できるので、非常に便利です。
  しかし樹脂スペーサーは非常にコストが掛かるので、使うのは難しいと思います
  出来れば全ハウスメーカーで準備できれば良いと思います。
  よい基礎を造りたければ、単価を抑えるだけでなく、単価を上げることも考えていただきたいです。



                   住宅基礎netホーム>  

Copyright (C) 2007 住宅基礎net, All rights reserved.  



   
 
目的別カテゴリ
・住宅基礎netホーム
・問い合せ
・サイトマップ
基礎工事関連
住宅情報関連
・注文住宅の特徴(ハウスメーカー)
・不動産サイト集(6)
・家具・雑貨・インテリアサイト集(23)
・ガーデニング系サイト集(8)

・地縄工事
・遣り方工事
・根切り工事
・砕石工事
・捨てコン工事
・外枠組み・ベース枠工事
・鉄筋工事 
・ベース生コン工事
・内部型枠組みアンカーボルト工事
・立ち上がり生コン打ち工事
・基礎完了確認